スポンサーサイト

--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タユタマ2 ~ケモ耳のこはくちゃんに婚姻を求められちゃう!こはくちゃんマジ可愛いペロペロ!!元祖ケモ耳エロゲ続編!!~

2016/08/05 20:17:18


エロゲを所持数800本の男、フルにゃんのエロゲの
体験版の感想です

今回はLump of Sugarさんの
タユタマ2 -you’re the only one-』の感想です。

『タユタマ2 -you're the only one-』2016年5月27日発売予定!
げっちゅ屋
体験版ダウンロード
エロゲー特典.com

ブランド: Lump of Sugar
定価: ¥9,800 (税込¥10,584)
発売日: 2016/09/23
メディア: DVD-ROM
ジャンル: 恋する乙女の神通力ADV
原画: 萌木原ふみたけ
シナリオ: 沖田露集
アーティスト: Kicco
作詞/作曲: 水野大輔
音楽: 大川茂伸 , 新井健史 , maya , 水野大輔(その他)
カテゴリ: 学園、けもの耳、女子学生、恋愛
※体験版プレイ時間:5時間半
※エロシーンあり

製品仕様/動作環境
対応OS:WinVista/7/8/10
CPU:Pentium4 1.4GHz必須、3GHz以上推奨
メモリ:1024MB必須、2048MB以上推奨
VRAM:64MB必須、128MB以上推奨
HDD:4.7GB必須
解像度:800*600必須、1280*720推奨
色数:フルカラー(32bit)
音源:PCM、CD/DA、WAVE
DirectX:9.0c以上
ボイス:あり(主人公以外フルボイス)
※タブレットプレイいちおプレイ可能



まいどですが、どんな方に合うか



1:タユタマが好きだった人

2:ケモミミが好きな人

3:続編というよりFDを求めてる人

4:萌木原先生信者の人


タユタマの正統な未来を描いた続編!ケモ耳最高だぜ!!

他のエロゲでいうと
天気雨

しろのぴかぴかお星さま

オトミミ∞インフィニティー

いろは~秋の夕日に影ふみを~


ってとこですかね。


2009年にアニメ化もされ、ケモ耳の先駆者となった『Lump of Sugar』のビックタイトルである『タユタマ』。
今回ブランドの10周年の記念タイトルとして『タユタマ2』 が発表!
tayutama36250.jpg

前作より約50年後で、初代ヒロインである『ましろ』との未来のその後の話となっていて、
不老となった初代のヒロインたちも登場。
tayutama36294.jpg
tayutama36280.jpg

『ましろ』はメインヒロインだが攻略出来ないですのでご注意ください。しかし>前作の主人公との夫婦生活も描くFDにも近い感じでありながらも
新たな主人公と3人のヒロインたちとの恋模様を描く正統な続編にもなっている。
tayutama36247.jpg


商品紹介(転載)
葦原町に封じられていた “太転依(たゆたい)” が解き放れてから 50年、その存在が明るみに出て暫くの時が過ぎた。
人は 太転依 の存在を認知し、太転依 は人との共存に向けて歩み寄りを始めている。 人類の過渡期とも言うべき時代の物語──

主人公・草壁空 の住む鷹千帆市 矢古民(やこたみ)町は、全国でも特に質の良い神気が集まる場所である。
市政としても “人と太転依との共存” に注力し、多くの人や太転依を受け入れることで急速な発展を遂げてきた。
そんな矢古民町だからこそ、起こりうる事件もあり……

その日、空は偶然目にしてしまった 人間の子供と太転依との些細なケンカを仲裁した。
それ自体は、矢古民町では珍しいことではない。 空にとって思いもかけない事件が起こったのは、この直後だった。

「見つけました…… きっとこの人が……私の……」

頭から可愛らしい耳を生やした女の子 は、太転依から人間に化成したか、あるいは太転依から加護を受けた人間か。
一部始終を見ていたという女の子は、空を太転依を祭る神社・八衢神社へと引っ張っていく。
そして、キラキラと輝く純真そのものな瞳を向けながら言った。

「私のお婿さんになって欲しいんです!」

突然のことに彼女── 泉戸こはく の真意を計りかねる空。
だが彼女の母親・泉戸ましろの説明を受け、こはくが彼女の意志を継ぎ “人と太転依の共存社会” を実現するための、その相方となる人物を探しているのだということを知る。

「お婿さん、はともかくとして──」

こはくの熱意に感じ入るものがあった空は八衢神社での同居を承諾し、“人と太転依との共存” のために、彼女に力を貸すことを約束するのだった。


『タユタマ2 -you're the only one-』2016年5月27日発売予定!


はい体験版の感想ですが……

前作とは雰囲気を変えているが初代タユタマをプレイした人向けの作品。
前作はキャラを中心とした作品。今作は前作の未来であるので雰囲気だったり世界観を楽しむ作品。
楽しみ方は違うが前作をプレイしてる人が向けかなぁと思います。
tayutama36283.jpg

そして『こはく』可愛いよペロペロっていう作品なのかなぁと。
tayutama36213.jpg
tayutama36215.jpg

導入部分にもう少しインパクトは欲しいかなぁと。(新規でプレイする人には最初よくわからない状態であったと思う)
キャラゲーというより雰囲気ゲーに近いからこそ、もっとどっぷりはまるような世界観を見せてほしいが、現在の状態でも違和感はないです。
tayutama36201.jpg
tayutama36221.jpg
tayutama36206.jpg

でもなんかもう1つくらい引き付けるようなテキストだったり演出だったりが欲しいです。
体験版ラスト方の『こはく』の豹変シーンは『おぉ』ってなりました。
tayutama36290.jpg
tayutama36291.jpg
tayutama36292.jpg


体験版の最後に『太転依と人間の共存の考え方の違い』というメインテーマが出てきたが
問題定義だからこそもっと早めにこのシーンは魅せてほしかったかなぁと。
ヒロインごとで考え方が違うというのはすごく良いと思うので、今後のシナリオ展開次第で変わってくると思います。
tayutama36296.jpg
tayutama36297.jpg

キャラクターは前作のキャラが濃すぎですねw
というか『ゆみな』だけなんか笑いにいきまくってますw
tayutama36268.jpg
tayutama36270.jpg

そして『ダメリ』が『アメリ』になってて少しさびしい所w
tayutama36251.jpg

『ましろ』をあえてプッシュしまくらなかったので安心してプレイできるがメインヒロインの所にHPとか置かない方がいいようなwFDなのか続編なのかわかりにくいなぁと。
なんか色々勘違いしちゃう人が増えてる気がしました。
前作キャラの声優さんは流石だなぁと。ある意味味が出てますね。

菜乃と緋文だがキャラがけっこう被ってる感じなのでそこがもったいないかなぁと。
tayutama36262.jpg

新規ヒロインは『こはく』に全てもってかれてる感じですね。
tayutama36304.jpg

絵周りですが、久しぶりの萌木原さん単独ということですごい『角砂糖』っぽさは出いて往年のファンにはたまらないんだろうなぁと。
一枚絵は魅せ方もわかっているので、良い感じです。
基本的に荒さがししなければ絵に関しては問題なしです。
塗りもすごく綺麗なので、一枚絵が体験版ではもっと欲しかったなぁという印象。
tayutama36255.jpg
tayutama36287.jpg

前作と違和感なくプレイさせるためか演出レベルを前作に合わせてるのかなぁという。
とりあえず全体的に雰囲気ゲーであり、BGMや背景の感じは良い感じだが。
雰囲気ゲーが魅力として売るとなるともう一段階レベルをあげて欲しかったなぁと。
作風の統一感は出来てはいるとは思う。
立ち絵も綺麗なんだがケモミミだからこそ、E-moteとか入れてほしかったなぁと。
ある意味前作より進化させてほしかったです。
tayutama36276.jpg

後いつものことながらHPの魅力ページさっさと出してほしい。です
ウリがわかりにくいです。

で、エロに関しては可愛い部分は伝わるが、抜かせるための感じにはなってないのでここはキャラ萌え重視です。
もし次の体験版出るならエロは魅せてほしいが、体験版1の方に入れてほしかった所です。
後、差分がもっと欲しいと思いました。キスのカットインとか絵が綺麗なだけにアップで見たいなぁと。
セックスシーンも血があるのと、液体系と表情系しかなかったので。
tayutama36306.jpg


コンフィグはこんな感じですね。
tayutama36193.jpg
tayutama36195.jpg
tayutama36196.jpg


で、とりあえずいつもの点数から

採点結果※体験版時点での点数

※各分野の最高得点を10点としてます

※なのですべてを鵜呑みせずにお願いします

※普通の場合で5点です



企画:5点(2008年に出たタユタマの後の話を描いた作品。タユタマ初代をプレイしてないと背景とかが少しわかりにくいかなぁと。同梱版発売が望まれる。)

構成:5点(体験版のラストで魅せ所あり、太転依と人間の共存の考え方を一つのテーマになっているので、それをこの先ヒロインごとにどう魅せるかだと思う。。)

シナリオ:5点(この世界観雰囲気を楽しむような作品であるので、台詞回し含めてゆったりしている。良い意味でまったり、悪い面で退屈になりがちである。展開次第かなぁと。)

ゲームシステム:5点(エロ系のシステムはないが、萌え作品として十分に揃ってはいる。)

キャラクター:7点(前作が好きな人にはたまらない感じですね。完全に、こはく一強すぐるw)

声優:5点(タユタマ初代からの声優さんは流石すぎる感じですね。後はそこまで違和感なしかなぁと。)

原画:6点(久しぶりの萌木原さん単独原画、一枚絵とかは魅せ方が巧いなぁと。)

塗り:7点(ある意味角砂糖としての塗り良い感じだなぁと綺麗だなぁと感じました。)

背景:6点(違和感なし。雰囲気ゲーになるからこそ、ここをもう一段ギアをあげてほしいが、前作と変わらないようにするためにこうしたんだろうなぁと思いました。)

演出:6点(『こはく』の豹変するシーンは見物だったが、もう少し動きなり魅せてほしい所。なんかぐっと引き付けられる演出が欲しいなぁと。)

BGM:6点(和風を意識したBGMで前作のも残しながら良い感じである。)

ムービー&主題歌:5点(前作と比べると爽快感みたいなのは、あえて変えた感じですね。今回の雰囲気を魅せるという意味では合っていると思います。)

エロ:5点(ピー音なし、卑猥語なし、BGVなし、エロSEなし、もっと差分というかカットインなどでヌキたくなるような感じが欲しい所。)


ってな感じです。

タユタマが好きだった人にはたまらない感じになっております!!!

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
- 最近の記事 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。